岐阜県警関警察署の強姦事件 勾留の弁護士

2015-09-08

岐阜県警関警察署の強姦事件 勾留の弁護士

Aさんは夫が強姦事件岐阜県警関警察署から逮捕されたとの電話を受けました。
突然のことでどうしたらいいのか分からず、刑事事件に強い弁護士の無料法律相談を受けることにしました。
弁護士によると、この手の強姦事件では、10日間の勾留になることが多いようです。
(これはフィクションです)

~詐欺事件で逮捕・勾留されてしまった場合~

警察は容疑者を逮捕した場合、その身柄を48時間以内に釈放するか、検察庁に送致(送検)するか決めなければいけません。
容疑者の身柄が検察庁に送致された場合、検察官は24時間以内に、勾留請求するか、釈放するかを決めます。
勾留請求されれば、高い確率で裁判官が勾留決定をします。
すると、容疑者は、10日間勾留されることになります。
なお、検察官の請求を受け裁判官が必要と判断した場合、さらに10日間勾留が延長されることがあります。

このような状況に陥った場合、その間Aさんは会社に行くことができません。
何もしなければ、Aさんは身柄が拘束されたままになる可能性が高くなります。
しかし、刑事事件に精通した弁護士による身柄解放活動で、ダメージを最小限にとどめることができる可能性があります。
早期釈放は、周囲に事件のことを知られずに済む可能性や、さらには会社を辞めずに済む可能性を高めます。

強姦事件でも出来れば10日間もの長期に及ぶ勾留は阻止したいところです。
そうすれば、最長でも逮捕後72時間(3日)で容疑者の身柄が解放されるからです。

あいち刑事事件総合法律事務所では刑事事件を専門とする法律事務所です。
夫が強姦事件で突然逮捕されてしまった場合には、勾留に強い評判のいい弁護士にご相談ください。
あいち刑事事件総合法律事務所では、土日祝日も無料法律相談を承っております。
(岐阜県警関警察署の初回接見費用:4万3300円)