三重県松阪市で道交法違反の在宅事件 罰金で事件を終わらせる弁護士

2016-11-02

三重県松阪市で道交法違反の在宅事件 罰金で事件を終わらせる弁護士

Aは,松阪市内の公道を,運転免許証が交付されていないにもかかわらず,自動車を運転したとして,三重県警松阪警察署逮捕された。
逮捕後,Aは釈放されたが今後は在宅として捜査を続けられる旨を告げられた。
Aは,以前から度々道交法違反の罪を犯しており,運転免許はだいぶ昔に取り消されたままであった。
Aは松阪市内で会社を営む経営者であり,社員の中でAの代わりになれる者はいなかったため,是が非でも懲役刑は避けたいところであった。
Aは,どうにか懲役刑を避けて罰金刑で済ませられないか,刑事事件に強いと評判の法律事務所弁護士に相談をすることにした。
(フィクションです。)

道路交通法は,無免許運転を罰しています。
ここでいう無免許運転とは,運転免許を受けないで自動車又は原動機付自転車を運転することをいいます。
たとえば,運転免許を取得したことがない場合はもちろん,運転免許の停止中や失効後のほか,免許証の有効期間が切れた後に運転した場合が該当します。
Aは,だいぶ昔に運転免許を取り消されたにもかかわらず,自動車を運転しているので,無免許運転をしていたといえます。

無免許運転は,3年以下の懲役又は50万円以下の罰金という法定刑が定められています。
一般に,無免許運転については初犯であれば罰金で済むことが多いようですが,無免許運転の前科がありながらこれを繰り返すなど,悪質な場合には執行猶予がつかずに実刑判決を下されることもあります。
Aは度々道交法違反を犯していたとのことですが,必ずしも無免許運転での前科があるとは言い切れません。
また,Aは会社経営者として社員を養っていくため,懲役刑を受けることが過大な不利益といえるのかもしれません。
Aは,より適切な刑事弁護活動を引き受けてくれる弁護士に事件を依頼すべきでしょう。

あいち刑事事件総合法律事務所弁護士は刑事事件専門であり,交通事件における罰金刑獲得のための弁護活動も多数承っております。
無免許運転等の道路交通法違反事件でお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(三重県警察松阪警察署への初回接見費用:44,300円)