無実・無罪を証明してほしい

無実・無罪を証明してほしい

 

~冤罪事件はなぜ起こるのか~

以前から日本では、自白が重要な証拠であり、逮捕・勾留時における取調べでも自白獲得を至上命題とする「自白偏重」の風潮がありました。
その風潮がいまだに残っているため、警察などの捜査機関の取調べでは、自白を得るために高圧的で強引な取り調べが行われ易くなっています。

なかには、自白を得るために違法・不当な取調べが行われるケースも存在します。

自白は、争わない限り、たとえ内容が嘘であろうと、裁判で被告人の有罪・量刑を決める重要な証拠として採用されてしまいます。
その結果、冤罪が生じることになるのです。

嘘の自白が一番生じやすいのが、逮捕後間もない弁護士がついてない時期です。
この時期は特に、容疑者の精神状態が脆くなるために、違法・不当な取調べが行われ易くなります。

冤罪を防ぐためにも、逮捕されたらすぐに弁護士を付けることが大切です。

あいち刑事事件総合法律事務所では、下記の対応をとることで、冤罪の撲滅に努めています。
 

~無実・無罪を証明するために~

1 取調べについての適切なアドバイスで冤罪を防ぐ

捜査機関の取調べを受ける容疑者は、自分にとって有利・不利な事情を適切に判断することが困難です。

あいち刑事事件総合法律事務所では、有利・不利な事情の選別と今後の見通しを伝えた上で、取調べにどのように対応したらよいかのアドバイスを行っています。
逮捕されている方でも、捜査機関の取調べ前に接見に行くことで、取調べ対応について指導助言を行いますのでご安心ください。
 

2 違法・不当な取り調べを阻止して冤罪を防ぐ

違法・不当な取調べが行われたら、弁護士に頼んで止めてもらいましょう。

あいち刑事事件総合法律事務所では、警察・検察などの捜査機関に抗議をすることで、違法・不当な取調べを止めるように働きかけていきます。

違法・不当な取調べを受けたら、我慢せずにあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
 

3 自白が嘘であることを主張して冤罪を防ぐ

もし嘘の自白をさせられてしまったら、すぐに弁護士に相談してください。

あいち刑事事件総合法律事務所では、自白が嘘の自白であるであると主張し、裁判で証拠とすることができないと主張していくことができます。
 

4 容疑者に有利な証拠を探して冤罪を防ぐ

あいち刑事事件総合法律事務所では、上記の方法以外にも、アリバイ証拠などの容疑者に有利な証拠を探すことで無実・無罪を証明して冤罪を防ぐ活動をします。

逮捕されている場合はもちろん、逮捕されていない場合でも、容疑者とされた人が自力で有利な証拠を見つけるのには限界があります。
そんなときは弁護士の力と知恵を借りましょう。
 

~違法・不当な取り調べの具体例~

 ・朝から夜までずっと取り調べを行っている
 ・接見要請を無視した取り調べを行っている
 ・暴力的・脅迫的な態度で取り調べを行っている
 ・共犯者がしゃべったとか、決定的な証拠があるからと自白を誘導してくる
 ・自白すれば逮捕しない、不起訴になる、執行猶予になると言われた

 
以上のような取り調べが行われた場合、絶対に嘘偽りの自白はせず、すぐに弁護士を呼んでください。
あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士がすぐに駆けつけます。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る