名古屋の医療過誤事件で逮捕 実刑判決にならない弁護士

2015-12-06

名古屋の医療過誤事件で逮捕 実刑判決にならない弁護士

医療ミスは、時々新聞などでも大きく取り上げられます。
業務上過失致死傷罪などで実刑判決を受ける可能性もあるでしょう。
実刑判決を受けて後悔する前に、一度は弁護士事務所を訪ねてみてください。
今回は、医療過誤事件を刑事事件の側面から見てみましょう。

医療過誤事件において、よく問題になることは医師が行った治療などが当時の医療水準に照らして相当なものであったか否かです。
もちろん、患者を取り違えたり、投薬の量を間違えたりといった明らかな注意義務違反の場合は、医師に過失が認められるでしょう。
しかし、医師が患者に対して当該治療を行うべきだと真摯に考え、行った結果が患者の死亡につながった場合は、特に評価が難しくなります。
当該治療行為をすべきであったか、診断内容は妥当であったかなどといった場合には、医療水準に照らして厳密な検討が必要になります。

何が過失と認定されるのかを判断する医療水準は、一般的に通常の意思の水準を基準として判断されます。
しかし、具体的な水準は、その時々の医学の発展状況等、様々な要因によって変化します。
医療過誤事件の刑事裁判における過失認定は、非常に専門性が高い問題です。
弁護士の中でも医療過誤事件・刑事裁判に精通した弁護士に相談することをお勧めします。

なお、仮に医師の過失が認められたとしても、万策尽きたというわけではありません。
真摯に当該治療を行うべきだと信じて治療を行ったことを理由として執行猶予にしてもらえるように裁判所を説得する道があります。

実刑判決を阻止し、執行猶予を獲得するための説得活動は、刑事事件の専門的な活動になります。
本気で執行猶予を目指すなら、刑事事件に定評のある弁護士に依頼することが望ましいといえます。
名古屋の医療過誤事件で執行猶予を獲得されたい方は、執行猶予に強いあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
弊社は刑事事件専門の法律事務所ですので、刑事弁護活動に自信があります。
医療過誤事件の当事者が逮捕されている場合には、関係者の方が無料で初回相談ができますので、ぜひお越しください。
(愛知県警中村警察署の初回接見費用 3万3100円)