名古屋の住居侵入事件 示談に強い弁護士

2015-12-23

名古屋の住居侵入事件 示談に強い弁護士

Aは、正当な理由がないのに、Bの住居に侵入した(住居侵入罪)として、愛知県警中川警察署の警察官から事情聴取を受けました。
Aは酔っ払っていて侵入してしまったので、何をしようと思ったわけでもありません。
前科がつくことを回避したいので、示談で済ませたいと考えています。
(フィクションです)

~Aさんの望み~

刑法第130条 3年以下の懲役又は10万円以下の罰金

Aは示談で済ませたいと考えていますが、可能でしょうか。
まず、被害者であるBが、愛知県警中川警察署に被害届を出したことによって事件が発覚したとします。
そうすると、警察としては、被害者から被害届を出されている以上、捜査をせざるをえません。

今回Aは、何かの目的があってB宅に侵入したわけではなく、酔っ払っていて侵入したと主張しています。
したがって、処罰の必要性がさほど高い住居侵入事件とはいえません。
しかし、だからといって弁護士がついていなくても安心かと言えば、そうではありません。

~住居侵入罪の特徴から~

住居侵入罪の特徴の一つとして、加害者が被害者の住居を知っているということが挙げられます。
そのため、被害者が加害者の更なる犯行を恐れていることが多いというケースも存在します。
そうすると、被害者の許しを得て、事件を早期に終結させるには、示談交渉をはじめ、慎重かつ丁寧な被害者対応を行っていくことが大切になります。
この点は、ぜひ刑事事件専門とするあいち刑事事件総合法律事務所弁護士にお任せください。
たくさんの刑事弁護経験に裏付けられた万全の弁護活動で、平穏に事件を終結に導きます。

弊社は、初回の法律相談は無料で承っており、一度ご相談に来ていただいた上で弊社の弁護士に事件を依頼するか否かを判断していただいております。
弊社は、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、刑事事件の活動に自信があります。
住居侵入事件だけではなく、他の刑事事件のことでお困りの方もお気軽にお問い合わせください。
(愛知県警中川警察署の初回接見費用 3万5000円)