名古屋の刑事事件 侮辱事件の取調べに強い弁護士

2015-11-05

名古屋の刑事事件 侮辱事件の取調べに強い弁護士

近くにいた者が警察に通報し、通報を受けた愛知県警千種警察署の警察官が駆けつけた時には、Aは現場にいませんでした。
通報者によると、Aは、名古屋市千種区にて、多数の人がいるにもかかわらず、Bを侮辱し、口論になっていました。
愛知県警千種警察署の警察官は、A宅を訪ねたが留守だったため、「聞きたいことがあるので、連絡してほしい。」と書いたメモをポストに入れました。
これを見たAは、警察からの取調べにどう対応すればよいのかわからなかったため、侮辱事件に対応してくれる弁護士事務所弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

‐侮辱罪‐

[罰則]
刑法第231条 拘留又は科料

上記の事例のような場合、愛知県警千種警察署の警察官は、おそらくAに対して任意で事情を聞きたいという趣旨でメモを入れたと考えられます。
そうすると、Aが警察に出頭したからといってただちに逮捕される可能性は高いとはいえません。
しかし、それは取調べの状況などによっても異なってきます。

侮辱罪の法定刑は、上記の通り、拘留又は科料であり、刑罰としては比較的軽微なものであるといえます。
ですので、取調べに対応すれば逮捕することまでは考えていないと思われます。
しかし、
・Aが嘘をついた
・暴力的であった
・被害者であるBに対し危害を加えるなどの発言を取調べで行った
ような場合には、警察としてもAの身体を拘束せざるをえない状況となってしまいます。

このように、取調べの対応如何によっては、Aの身体が拘束されるか否か、刑事事件として処理される可能性にも大きな影響を及ぼすといえます。
取調べを受ける際には、弁護士に依頼した上で警察の取調べに対する対策を練って臨むことで、当該刑事事件を穏便に済ませることも可能となります。
もっとも、実際には容疑の具体的内容による部分も大きいです。
ですので、名古屋の侮辱事件で取調べについてお困りの方は、取調べに強いあいち刑事事件総合法律事務所弁護士にご相談ください。

弊社は、刑事事件のみを扱っており、取調べに対してのアドバイスをはじめとする刑事弁護活動に特化した弁護士が在籍しています。
初回の法律相談は無料ですので、どのように取調べのことでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。
(愛知県警千種警察署の初回接見費用 3万5200円)