名古屋の公務員が逮捕 事件報道に対応する弁護士

2015-10-28

名古屋の公務員が逮捕 事件報道に対応する弁護士

40代公務員の男性は、刑事事件の容疑者として愛知県警中村警察署に逮捕された経験がありました。
その男性は、それが原因で公務員の職を失うのではないかと不安になり、ある法律事務所法律相談をしたのです。
(フィクションです)

~公務員による犯罪の特徴~

あいち刑事事件総合法律事務所にも、度々公務員による犯罪に関する法律相談が寄せられます。
公務員による犯罪の場合、被疑者に禁錮以上の前科がつくことは、その人の失職を意味します。
そのため、公務員による犯罪は、特に弁護士が介入する必要性の高いケースであると言えます。
また以下のような特徴も、公務員による犯罪弁護士が介入する必要性を基礎づけます。

◆被疑者は社会的地位の高いものであることが多い
実際に細かく分析すれば、その地位は様々です。
また犯した罪も公務員でなければできないような犯罪ばかりではありません。
しかし、世の中には身分不詳の人による犯罪も相当数存在する中で、公務員による犯罪は一般的に社会的地位の高い者によると言えます。
このことは、事件報道のされやすさとも関係してきます。

◆事件報道されやすい
上記のように公務員による犯罪は、一般的に社会的地位の高い者による犯罪と評価されます。
それゆえに、社会的な影響力も大きいと言え、マスコミが事件を大きく取り上げる可能性が高いと言えます。
一度でも事件報道されてしまえば、その後の日常生活への影響も必至でしょう。

「社会的地位を守りたい」「事件報道を回避したい」という場合には、事件の早期解決が最重要です。
それは、すなわち弁護士による弁護活動を早期に開始することが重要ということです。
法律相談をする時期に早すぎるということはありません。
少しでも不安に思ったら、刑事事件を専門とする弁護士事務所にぜひご相談ください。
あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談は、初回無料です。
(愛知県警中村警察署の初回接見費用 3万3100円)