名古屋の恐喝事件で逮捕 取調べに強い弁護士

2015-11-18

名古屋の恐喝事件で逮捕 取調べに強い弁護士

Aは、Bを恐喝して金員を交付させたとして、愛知県警中村警察署の警察官により通常逮捕されました。
Aは、容疑を否認しており、面会に来た母親のXに対して、弁護士をつけてほしいとお願いしました。
そこで、Xは、刑事事件に強いと噂の弁護士事務所に相談に行きました。
(フィクションです)

~恐喝事件で取調べを受けるとき~

刑法第249条 10年以下の懲役

上記の事例で逮捕されたAは、容疑のかかっている恐喝事件について否認をしています。
警察官の取調べに対して、当然自分の無実を主張していると思われます。
しかし、警察官は取調べのプロです。
被疑者を逮捕している以上、ただ否認するだけでは納得してもらうのは難しいでしょう。
やはり、否認するだけの証拠などがないと警察官に対して容疑を否認し続けることは難しいと思われます。

もっとも、被疑者Aは逮捕されているので、自由に行動することができません。
自らで証拠を収集したり、説得したりすることができないのです。
そこで、取調べ対応についてのアドバイスをしたり、否認することができる証拠を収集したりするなどの弁護活動を弁護士に依頼することをお勧めします。
やはり、取調べのプロに対しては、法律のプロが対応することが望ましいと言えます。
なぜなら、被疑者が主張したい事実などを説得的に伝えることができ、また被疑者の主張の意向に沿うような証拠収集活動ができるからです。

しかし、恐喝事件の場合は、弁護活動といっても、民事の弁護活動ではなく、刑事事件の弁護活動になります。
そのため、刑事事件に強い弁護士事務所弁護士に依頼することでより効果的な活動を期待できます。
名古屋の恐喝事件取調べについてお困りの方は、取調べに強いあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
弊社は、刑事事件専門の法律事務所です。
在籍する弁護士は刑事弁護活動に特化していますので、取調べの際の適切なアドバイスや被疑者の意向に沿うような説得活動を行うことができます。
初回の法律相談は無料ですので、お話を聞いてみるだけという方でもお気軽にお問い合わせください。
(愛知県警中村警察署の初回接見費用 3万3100円)