名古屋の強制わいせつ事件で逮捕 性犯罪で探したい弁護士

2015-10-26

名古屋の強制わいせつ事件で逮捕 性犯罪で探したい弁護士

名古屋市天白区在住の30代公務員のAさんは、愛知県警天白警察署強制わいせつの容疑で逮捕されました。
愛知県警天白警察署によれば、Aさんは、以前にも強制わいせつ事件逮捕された経験がありました。
先月刑期を終えて出所したばかりだったということです。

この事件はフィクションです。

~情状酌量を獲得するために~

裁判官に情状酌量の余地を認めてもらうためには、弁護士を通じて、それを基礎づける説得的な主張を展開する必要があります。
強制わいせつなどの性犯罪の場合、情状酌量を獲得するためには、以下のような活動をすることが考えられます。

①被告人に反省を深めてもらう。
接見を通じて、性犯罪を行った原因は何なのか被告人自身に自覚させたり、被害者の受けた苦痛について理解を深めてもらったりします。
また、反省文や謝罪文を書いてもらい、自分の犯した性犯罪に向き合ってもらいます。
ちなみに、これらの文書は、被告人の反省の意思を表す証拠として利用することもできます。

②情状証人を探す。
情状証人とは、法廷で被告人の情状について証言してもらう人のことです。
主に、被告人の配偶者、両親といった親族や勤務先の上司などに証人になってもらうことが多いです。
具体的には、これまでの被告人の生活態度に問題がなかったことや社会復帰した後はちゃんと監督していくことなどを証言してもらいます。

③社会復帰後の生活について調整する。
再犯を防ぐために、生活環境を安定させたり、専門機関と連携し治療の用意をしたりします。
特に強制わいせつ罪のような性犯罪の場合、きっかけとなった性的な衝動を抑えるために治療を要する場合もあります。
ですので、治療の用意があることは重要なポイントになると考えられます。

以上のように、情状酌量獲得に向けた弁護士の役割はとても重要なものです。
もし弁護士の選任をお考えならば、妥協することなく本当に信頼できる弁護士に依頼することをお勧めします。
強制わいせつをしてしまったが、情状酌量による減刑を獲得したいとお考えの方は評判のいい弁護士が所属するあいち刑事事件総合法律事務所までご相談下さい。
なお、弊所は逮捕直後でもすぐに相談できる弁護士事務所です。
無料法律相談の受付は、24時間対応しておりますので、お気軽にお電話下さい。
(愛知県警天白警察署 初回接見費用:3万7300円)