【お客様の声】名古屋市の条例違反(声かけ)事件 捜査弁護で事件化阻止の弁護士

2016-05-22

【お客様の声】名古屋市の迷惑防止条例違反(声かけ)事件 捜査弁護活動で事件化を阻止する弁護士

■事件概要

 依頼者(30代男性、無職、前科なし)が,名古屋市内の路上において、通りかかった被害者女性に対し,ナンパ目的で声をかけるに際して卑猥な言葉を使って誘引したとされる愛知県迷惑防止条例違反事件です。被害者女性から誘いを断られた依頼者は、後刻、犯行現場周辺で被害者女性が警察官と話しているのを見かけて、怖くなったので現場を立ち去りました。

■事件経過と弁護活動

 依頼者は、逃走から数日後、被害者女性から警察に被害届が提出されて刑事事件になることを心配して当事務所に法律相談に来られました。法律相談を受けた弁護士が事情を確認したところ、依頼者の行為は、卑猥な言動又は不当な誘引として、愛知県の迷惑防止条例に違反する可能性があることが判明しました。依頼者は、事件の先行きと刑事処分に不安を感じ,当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼をされました。担当弁護士は,依頼者に対して,綿密な連絡を取って、刑事手続きの流れ,取り調べ対応,刑事処分の見通しをアドバイスすることで少しでも依頼者の不安を取り除くよう努めました。また,本件迷惑防止条例違反事件の事件現場を管轄する警察署(交番)を割り出し,担当の警察官を突き止めて、担当の警察官に対して、事件捜査の進捗状況を確認するとともに依頼者の反省を伝えて刑事事件化を防ぐよう粘り強く折衝を行いました。
 弁護士による折衝の結果、本件愛知県迷惑防止条例違反事件は、被害者女性から被害届の提出や告訴がされることなく刑事事件化を未然に防ぐことができました。事件化を阻止して刑事裁判を回避できたことで,依頼者は前科がつくことなく安心して社会復帰を果たされました。

101007