名古屋市で電車を止める 威力業務妨害事件で再度の執行猶予に強い弁護士

2016-01-07

名古屋市で電車を止める 威力業務妨害事件で再度の執行猶予に強い弁護士

世の中には、執行猶予判決を受けた後、執行猶予期間中に再度犯罪に手を染めてしまう人がいます。
社会の中で更生するチャンスが与えられたにもかかわらず、再度犯罪に手を染めたのであれば、次こそ刑罰を執行することにより矯正を図るほかないと判断されやすくなります。
しかし、すべてのケースでそういった形に落ち着くわけではありません。
既に執行猶予の有罪判決を受けていたとしても、再度執行猶予判決を受けられる余地が法律上認められています。
再度執行猶予判決を受けることになれば、当然刑罰を受けなくて済むことになります(再度罪を犯さない限り)。

Aは、線路に侵入して電車の運行を妨害したとして威力業務妨害の容疑で愛知県警中村警察署に逮捕されました。
その後、Aは起訴されてしまった。
それ以前に執行猶予付きの有罪判決を受けてしまっていたAは、再度の執行猶予になることができるかを相談するため、評判の良い弁護士事務所を訪れた。
(フィクションです)

この事例で登場しているAも再度の執行猶予を目指しています。
しかし、上記の通り、執行猶予中に再度犯罪に手を染めたのであれば、普通は実刑判決を受けます。
再度の執行猶予判決獲得は、例外中の例外と言っていいでしょう。
よって、再度の執行猶予を得ることは、相当の困難が伴います。

一度、執行猶予の有罪判決を受けてしまったが、再度執行猶予になりたい方は、刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
刑事事件専門の弁護士が、再度の執行猶予の可能性を探り、できる限りの手段を尽くします。
もっとも、事件の状況次第では、再度の執行猶予がどうしても不可能なケースもありえます。
まずは無料法律相談を通じて、再度の執行猶予の可能性がどれくらいあるのか、確認するところから始めていきましょう。
威力業務妨害罪執行猶予についてお悩みの方は、あいち刑事事件総合法律事務所評判の良い弁護士までお気軽にお問い合わせください。
(愛知県警中村警察署への初回接見費用:3万3100円)