名古屋市の強姦事件で逮捕 無罪の弁護士

2015-07-25

名古屋市の強姦事件で逮捕 無罪の弁護士

名古屋市中村区在住30代男性会社員Aさんは、愛知県警中村警察署により強姦の容疑で逮捕されました。
同署によると、知人の女性と同区にある自宅でお酒を飲んだ際に行為に及んだそうです。
取調べに対してAさんは、合意の上だったと容疑を否認しているようです。

今回の事件は、フィクションです。

~判例の紹介~

紹介する判例は、平成20年6月27日、大阪地方裁判所で開かれた強姦被告事件です。

【事実の概要】
被告人は、午後9時ころ、路上に停車した車の車内において、D(当時14歳)に対し、その手を払いのけ、その両足を無理矢理開いた上、同女に覆い被さるなどの暴行を加えた。
そして、その反抗を抑圧し強いて同女を姦淫したものである。

【判決】
無罪
(求刑 懲役5年)

【量刑の理由】
刑法上の強姦罪の成否という観点からは、被告人がDに対してその反抗を著しく困難にする暴行を加えたとは認められない。
また、強姦の故意があったとも認めることはできない。

強姦事件でお困りの方は、示談交渉を多数手掛けている弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
刑事事件で無罪を勝ち取った評判のいい弁護士が対応させていただきます。
お困りの方は、まずは無料相談をご利用ください。
なお、愛知県警中村警察署に逮捕されているという場合には、弁護士が即日対応する初回接見サービスもおすすめです(初回接見費用:3万3100円)。