名古屋市の強盗事件で保釈 逮捕されたら迷わず弁護士

2016-03-06

名古屋市の強盗事件で保釈 逮捕されたら迷わず弁護士

Aさんは、先月強盗罪愛知県警南警察署逮捕されました。
Aさん逮捕の決め手は、防犯カメラの映像でした。
窃盗の前科もあったAは、当然起訴されましたが、保釈される可能性はあるのでしょうか。
なお、Aさんは強く保釈を望んでいます。
(フィクションです)

~保釈実現につながる事情~

では、強盗のような思い刑罰を行ったとしても、保釈を勝ち取ることはできるのでしょうか。
強盗のような重い犯罪となれば、保釈される可能性も低くなってしまいます。
ただ、Aは裁判にきっちり出席すると信用できるなどといった事情があれば、保釈してくれる可能性もゼロではないと言えます。
もっとも、保釈実現に当たっては、それを相当とする事情がなければなりません。
重大な犯罪を犯したと疑われる者が社会に放たれるわけですから、当然のことです。

例えば、上記の例で言うと、
・Aが行おうとしたのは、実は窃盗であった
・Aが犯行に及んだ動機は、餓死を免れるためだった
・被害者に生じた被害の原因は、不慮の事故によるものと言えなくもない
・Aは働いて被害弁償したいと深く反省の情を示している
等の要素を効率よく主張すれば、出頭の確保はできていると判断される可能性が高まります。

そのような主張を効率よく展開するためには、刑事事件を熟知した専門の弁護士を雇うことが必要になってきます。
あいち刑事事件総合法律事務所は、保釈を望む方のサポートも行っております。
窃盗事件強盗事件でお困りの方のご相談も随時お待ちしております。
(愛知県警南警察署の初回接見費用:3万6000円)