名古屋市で自動車運転処罰法違反の逮捕 不起訴獲得に強い弁護士

2016-08-07

名古屋市で自動車運転処罰法違反の逮捕 不起訴獲得に強い弁護士

Aは、名古屋市の県道を、スマートフォンアプリを操作しながら走行していた。
その後、Aの前方不注意で前に停車していた別の車に追突し、前の車の運転手Vに怪我を負わせてしまった。
Aは、今後の対応について不安に思い、刑事事件に強いと評判の弁護士に相談しました。
ちなみに、Aは明日愛知県警中警察署に出頭予定である。
(フィクション)

~過失運転致傷罪について~

平成26年に「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」(以下、「自動車運転死傷処罰法」)という法律が施行されました。
この法律により、自動車を運転して人を死傷させる行為について、独立の罰条が定められました。
そのため、現在では、自動車を運転する上で必要な注意を怠って人に怪我を負わせる行為は、刑法ではなく、自動車運転死傷行為処罰法によって処理されることになります。
法定刑は7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金となります。

~過失運転致傷罪の弁護活動~

交通事故事件による被害者の怪我が重くなければ、起訴される可能性はそれほど高くはありません。
もっとも、近年、交通事故事件に対する厳罰化の傾向が進んでいます。
そのため、早い段階から弁護士に相談し、不起訴に向けて活動してもらうことが重要となります。
具体的には、被害者との示談の締結をメインに弁護活動を行うことになります。
また、検察官に対して、事故態様が悪質でない等の主張をし、不起訴にするべきである旨の主張も行います。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、「刑事事件を得意とする弁護士」です。
なぜなら、弊所の弁護士は、全員刑事事件を専門にしているからです。
弊所では、初回は無料相談で、弁護士に事件のことを相談していただけます。
交通事故事件の対応でお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
(愛知県警中警察署の初回接見費用:3万5500円)