名古屋市の住居侵入事件 釈放に優れた弁護士

2015-01-15

名古屋市の住居侵入事件 釈放に優れた弁護士

名古屋市中川区在住40代男性アルバイトAさんは、愛知県警中川警察署により住居侵入の疑いで逮捕されました。
同署によると、関西の中学校の同級生である知人男性に、フェイスブックの閲覧を制限されたことでトラブルとなり、Aさんは今回の犯行に及んだそうです。
Aさんは、容疑を認めているようです。

今回の事件は、2015年1月11日朝日新聞の記事を基に作成しています。
ただし、地名、警察署名は変えてあります。

~住居侵入罪等の法定刑~

住居侵入罪建造物侵入罪不退去罪の法定刑は、3年以下の懲役または10万円以下の罰金です(刑法第130条)。
住居侵入罪建造物侵入罪不退去罪については未遂も罰せられます(刑法第131条)。

~被害者と直ちに示談をする~

住居侵入事件を起こしてしまった場合、弁護士を通じて、直ちに示談に動くことをお勧めします。
早期に示談締結をすることで、起訴猶予などの不起訴処分により前科がつかなくなる可能性を高めることができます。
また、逮捕・勾留されている場合でも、弁護士を通じて住居侵入罪の被害者と被害弁償及び示談を行うことで釈放の可能性も高まります。
示談によって早期の職場復帰・社会復帰を図ることもできるのです。
まずは、示談交渉能力に優れた弁護士に相談することをお勧めします。

住居侵入事件でお困りの方は、釈放に優れた愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士にお任せください。