【お客様の声】名古屋市で公然わいせつで在宅事件 略式命令による低額の罰金刑獲得の弁護士

2016-07-06

【お客様の声】名古屋市で公然わいせつで在宅事件 略式命令による低額の罰金刑獲得の弁護士

■事件概要
 依頼者(30代男性,会社員,前科なし)が,名古屋市内の路上に置いて,自身の陰茎を露出した公然わいせつ事件。

■事件経過と弁護活動
 依頼者は,本件事件について,事情を聴きたいと警察署から呼び出しを受けていたため,今後どうなってしまうのかを心配されて,当事務所の法律相談に来所されました。
 依頼を受けた弁護士は,まずは管轄の警察署に対して出頭の日時を調整することに努め,依頼者の都合がいい時間帯で出頭する約束を取り次ぎました。そして,今後の刑事事件の手続きに不安を感じている依頼者に対して,今後の流れや取調べ対応などにつき丁寧にアドバイスをすることにより,不安を払拭されるように努めました。また,依頼者が反省と謝罪の態度を示していることから,弁護士は,依頼者に謝罪文の指導を行ったうえで,実質的な被害者である目撃者への謝罪と弁償による示談交渉を提案させていただきました。
 示談交渉については,目撃者の意向により示談締結には至りませんでしたが,弁護士は,依頼者に本件事件についての反省文作成の指導を行ったうえで,依頼者に反省文を作成していただき,また依頼者の奥様から,依頼者への今後の監督についての誓約をいただきました。そして,これらをもとに担当の検察官に対して,本件事件につき寛大な処分としていただくように訴えました。
 このような刑事弁護活動の結果,依頼者の反省の態度と奥様からの監督による再発防止策が重視されて,略式命令による低額の罰金刑で本件事件を終わらせることができました。

102101