【お客様の声】名古屋市で強制わいせつ事件 不起訴処分獲得に奔走する弁護士

2016-07-02

 【お客様の声】名古屋市で強制わいせつ事件 不起訴処分獲得に奔走する弁護士

■事件概要
 依頼者(40代男性、会社員、前科1件)が、仕事の出張先で、同行していた職場の同僚女性の胸を触ったとして告訴された強制わいせつ事件。

■事件経過と弁護活動
 依頼者は、告訴された後、警察署から取調べを受けました。依頼者は、警察の取り調べの際に,一度弁護士に相談した方がいいと言われたことから,当事務所の法律相談を受けました。その際,刑事処分によって前科が付くこと及び事件内容が職場に伝わることで懲戒免職処分になることを強く心配されたことから、当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼をされました。
 依頼を受けた弁護士は、まず、今後の刑事事件の手続きに不安を感じている依頼者の不安を少しでも取り除くために、今後の流れや取調べへの対応を丁寧に説明・アドバイス致しました。また、真摯に反省している依頼者に被害女性への謝罪と弁償による示談交渉を提案させていただきました。
 その後、依頼者及び依頼者の奥様に、謝罪文作成の指導を行ったうえで、被害者に向けた謝罪文を作成してもらいました。また、被害女性に近づかないことを約束させる等、具体的対策をとることで、被害女性に安心してもらえるように努めました。さらに、依頼者の奥様による監督を実施してもらうことで、再犯防止の環境づくりを行いました。
 このような刑事弁護活動の結果、本事件については不起訴処分となり、依頼者には前科が付くこともなく,職場日本事件が発覚することもなく無事に事件を解決することができました。

101009(切り取り)