名古屋市の強制わいせつ事件で逮捕 無罪の弁護士

2015-08-15

名古屋市の強制わいせつ事件で逮捕 無罪の弁護士

名古屋市中川区在住20代男性無職Aさんは、愛知県警中川警察署により強制わいせつの容疑で逮捕されました。
同署によると、同区内の商業施設のゲームコーナーで、当時小学3年の女児のショートパンツの裾をめくりあげて、お尻を触り、その様子をデジタルカメラで撮影したそうです。
調べに対し、Aさんは、「抵抗しないと思った」と容疑を認めているそうです。

今回の事件は、平成27年8月4日、産経WESTの記事を基に作成しています。
ただし、地名、警察署名は変えてあります。

~判例の紹介~

紹介する判例は、平成21年3月19日、大阪地方裁判所で開かれた強制わいせつ致傷被告事件です。

【事実の概要】
被告人は、3月16日、午前5時15分ころ、X市付近路上において、同所を通行中の被害者(当時22歳)を認めると同女に強いてわいせつな行為をしようと企てた。
同女に対し、その背後から抱き付き、同女を路上に押し倒した上、仰向けになった同女に馬乗りになるなどの暴行を加え、着衣の上から同女の両乳房を揉むなどした。
その際、前記暴行により、同女に対し、加療約5日間を要する両膝関節擦過創等の傷害を負わせた

【判決】
無罪

【量刑の理由】
被告人が本件犯行の犯人であると認定するには合理的な疑いが残るというべきであり本件公訴事実については犯罪の証明がない。
刑事訴訟法336条により無罪の言渡しをすることとする。

強制わいせつ事件でお困りの方は、刑事事件・少年事件を専門とする弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
無罪にしてほしい、前科を避けたいとお考えの方は、まずは当事務所へご相談ください。
刑事事件・少年事件を専門とする評判のいい弁護士と初回無料で相談することができます。
なお、愛知県警中川警察署に逮捕された場合は、初回接見サービスをご利用ください(初回接見費用は、3万5000円です)。