名古屋市中川区の自動車の器物損壊事件 誤認逮捕に強い弁護士

2016-01-20

名古屋市中川区の自動車の器物損壊事件 誤認逮捕に強い弁護士

【事案】
会社員のAは、極度の疲労によりおぼつかない足取りで、名古屋市中川区内の自宅へ帰る途中であった。
フラフラであったAは、路上に停車していたVの自動車にぶつかり、倒れこみそうになった。
日頃のストレスから、突如憤激逆上したAは、手持ちのカバンをVの車のフロントガラスに叩きつけ粉砕し、そのまま走り去って逃げた。
後日、同じ時間帯に同じ場所で大声で仲間と騒いでいたBは、V車に対する器物損壊罪で、愛知県警中川警察署を求められてしまった。
身に覚えのないBは、誤認逮捕され、冤罪となることをおそれ、刑事事件に強い弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

~器物損壊罪で誤認逮捕~

今回のように警察や被害者にとって、犯人が誰かわからない場合には、犯行時間に現場付近に居合わせた人に事情を聞く必要が高いと考えられます。
ですので、自分とは全く関係ない犯罪について、任意同行を求められる可能性が無いとは言えません。
被疑者としてではなく事情を聴かれる人のことを参考人と言いますが、参考人として質問を受けている最中に犯人であると疑われる可能性があります。
その結果、誤認逮捕されることが無いとは言い切れません。

上の事案のように、犯行時間に現場付近にいた人にとっては、1人で歩いているAよりも、仲間と騒いでいて目立つBの方が犯人であると思われる可能性が高くなります。
すると、警察としては、Bが犯人であると疑い任意同行を求める可能性も高いといえるでしょう。
このような状況下では、とにかく誤認逮捕を阻止しなければなりません。
その理由は、あえて言うまでもないでしょう。
逮捕されてしまえば、身体の自由が奪われ、それまであった平凡な日常生活が奪われてしまいます。

誤認逮捕を阻止するためには、刑事事件に強い弁護士が介入する必要性が大きいといえます。
弁護士が付いているというだけで、警察にとっては大きな抑止力となり得るからです。
上記のように、任意同行を求められ又は任意出頭を求められた方は、刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
初回の法律相談は、無料相談を実施しております。
また、器物損壊事件などで既に逮捕されてしまったとに事情がございましたら、初回接見にも参ります。
(愛知県警中川警察署への初回接見費用:3万5000円)