名古屋市中村区の刑事事件 麻雀の賭博事件で不起訴に強い弁護士

2016-01-02

名古屋市中村区の刑事事件 麻雀の賭博事件で不起訴に強い弁護士

警察に逮捕されてしまっても、比較的早く身柄を解放されることもあります。
また、警察に逮捕されてしまったとしても、必ずしも有罪となり、前科がついてしまうわけではありません。
しかし、身柄を解放されたからといって、絶対に刑事裁判にかけられないとは限りません。
不起訴となるためには、裁判を起こす権利がある検察官に、裁判を起こさず、不起訴にする方が適切であるとの判断してもらう必要があります。
不起訴になると、刑事裁判にはならず、当然有罪になったり、前科が付いたりすることもありません。

【事案】
麻雀好きのAは、名古屋市中村区内の雀荘Mで麻雀賭博に興じていた。
上記の情報を取得した警察は、Mを捜索したうえ、Aを常習賭博の嫌疑で逮捕した。
一旦身柄拘束をとかれたAは、不起訴処分を勝ち取るため、刑事事件に強い弁護士事務所に相談することにした。
(フィクションです)

不起訴処分には、嫌疑なし、嫌疑不十分、起訴猶予の3種類あります。
上の事案のような現場を押さえられた場合には、起訴猶予の不起訴処分を狙っていくことになりす。
しかし、被疑者本人が起訴猶予を訴えても、あまり説得力がなく、功を奏しないことが多々あります。
また、ご家族、ご友人が尽力をされても、勝手がわからず、検察官に説得的なお話をするのは難しいでしょう。
他方、法律の専門家である弁護士が効果的な弁護活動を行えば、不起訴を勝ち取りやすくなります。

刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所不起訴に強い弁護士なら、きっと安心してお任せいただけます。
常習賭博事件で不起訴を目指したいという方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にお気軽にご相談ください。
初回の法律相談は、無料です。
また、身柄を拘束されている場合には、面談(接見)にも参ります。
愛知県警中村警察署に逮捕された後、逮捕される前、いずれの場合でも弊所までお気軽にお問い合わせください。
(愛知県警中村警察署への初回接見費用:3万3100円)