【お客様の声】名古屋市の詐欺事件で逮捕 被告人の保釈及び大幅減刑獲得の弁護士

2016-07-20

【お客様の声】名古屋市の詐欺事件で逮捕 被告人の保釈及び大幅減刑獲得の弁護士

■事件概要
 依頼者の夫(30代、自営業、前科なし)が、会社の同僚の女性に対して、虚偽の事実を申し向け、現金をだまし取った詐欺事件。本件事件では、被害額が大金であったことや被害者が現金を支払うために風俗店で働く等の事情があったために大変厳しい判決内容になることが想定されました。

■事件経過と弁護活動
 夫が逮捕されたことを知った妻(依頼者)から、当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼がありました。そこで、当事務所の弁護士が、直ちに警察署に赴き被疑者である夫と接見いたしました。その上で、刑事手続きの流れや取調べ対応をアドバイスすることで身柄拘束されている被疑者の不安を少しでも取り除くよう努めました。
 依頼者は、夫が現在、身柄拘束されていることによる仕事への悪影響を強く心配されておりました。そこで、当事務所の弁護士は、被害者との示談交渉に着手するとともに,起訴後すぐの保釈請求に向けた準備を行いました。具体的には、依頼者の夫に被害者への謝罪文を作成させるほか、身元引受人の確保に動きました。示談交渉については、被害金額が多額であることや、被害者が現金を準備した経緯等から、被害者の処罰感情が強く、起訴前段階では被害者との示談をまとめることはできませんでしたが、保釈請求については、裁判所から保釈が許可され依頼者の夫は,自らの仕事に復帰することができました。
 起訴後も継続して示談交渉を行いましたが、被害者の意志は固く示談締結には至らなかったことから、起訴された被害額を供託することとしました。そして、刑事裁判の公判では、裁判官に対して、依頼者の夫が本件事件を認めて反省していること及び再犯可能性がないこと等を主張してなるべく刑が最小限になるよう訴えました。検察官の求刑は長期実刑でしたが、判決では検察官求刑から5割の減刑が認められる大幅な減刑判決を獲得することができました。

102111