名古屋市の窃盗事件 解雇や退学を阻止した弁護士

2015-10-01

名古屋市の窃盗事件 解雇や退学を阻止した弁護士

愛知県熱田区在住の会社員男性は自分の妻Aさんの万引き事件で法律事務所に相談をしました。
Aさんは1か月程前に名古屋市中区内のスーパーVで3000円相当の食品を万引きしたところ、警備員に見つかってしまったからです。
現在は、愛知県警中警察署窃盗罪の被疑者として勾留されています。
そこで弁護士刑事事件の専門家として種々のアドバイスを行いました。

この事件はフィクションです。

~社会的制裁を回避するには~

万引き事件が新聞報道されたり、長期間勤務先や学校に行けないの状態が続くと、様々な所で問題が発生します。
例えば、勤務先を解雇されたり、学校を退学させられたりします。
夫が職場に居辛くなったり、子供が学校でいじめや嫌がらせを受けるかもしれません。

このような社会的制裁を回避するためには、周囲に事件のことを知られないための弁護活動を行う必要があります。
そのためには刑事事件に精通した弁護士に依頼して
・早期の示談
・報道や公表の回避
・報道内容の訂正や削除
をしてもらいましょう。
解雇退学を回避するためには、一日でも早い弁護活動の開始が重要です。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、相談者や依頼者への社会的制裁が最小限にとどまるよう細心の注意を払って対応しています。
窃盗罪で逮捕されたら、周囲に知られてしまう前に、できるだけ早く、本人やご家族の方があいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に相談をしてください。
(愛知県警中警察署の初回接見費用:35500円)