名古屋市の傷害事件で逮捕 不起訴獲得の弁護士

2015-08-20

名古屋市の傷害事件で逮捕 不起訴獲得の弁護士

名古屋市中川区在住20代男性店員Aさんは、愛知県警中川警察署により傷害の容疑で逮捕されました。
同署によると、Aさん宅で、交際女性の長男が入浴していた浴槽内に熱湯を足し続け、下半身にやけどを負わせたそうです。
取調べに対し、Aさんは容疑を認めているそうです。

今回の事件は、平成27年8月12日の毎日新聞の記事をもとに作成しました。
ただし、地名、警察署名は変えてあります。

~判例の紹介~

紹介する判例は、平成26年12月18日、神戸地方裁判所で開かれた傷害致死被告事件です。

【事実の概要】
被告人は、当時の被告人方において、子供の散らかしたリビングを夫の帰宅前に掃除しようとした。
しかし、実子のA(当時1歳11か月)がリビング内を動き回ったりしたために掃除が思うように進まなかった。
そこで、同児を動き回らせないようにしようと、同児を容量45リットルのビニール袋に入れた上、その袋の口を結んで同袋内に閉じ込める暴行を加えた。
その結果、その頃、同所において、同児を窒息により死亡させたものである。

【判決】
懲役4年
(求刑 懲役8年)

【量刑の理由】
被告人に有利な事情
・被告人が犯行後に119番通報して救命活動をしたこと
前科前歴がないこと
・実母が今後の支援監督を約束していること
・事実などを認め自己の行為を後悔していること

傷害事件でお困りの方は、不起訴処分を多数獲得している弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
示談交渉、逮捕後の勾留阻止といった弁護活動を多数行っている評判のいい弁護士が在籍しております。
まずは、お電話にて初回無料相談の予約をしてください。
なお、愛知県警中川警察署に逮捕された場合は、初回接見サービスをご利用ください(初回接見費用は、3万5000円です)。