名古屋市の大麻取締法違反事件 懲役の弁護士

2015-07-09

名古屋市の大麻取締法違反事件 懲役の弁護士

名古屋市中区在住40代女性Aさんは、愛知県警中警察署により大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。
同署によると、Aさんはストレスを少しでも緩和させようとして、市内の外国人から購入したそうです。

今回の事件は、フィクションです。

~判例の紹介~

紹介する判例は、平成21年4月16日、宮崎地方裁判所で開かれたわいせつ目的略取、監禁、集団強姦致傷、大麻取締法違反被告事件です。

【事実の概要】
営利の目的で、みだりに、バー「G」店内において、Hに対し、乾燥大麻約2グラムを代金1万2000円で譲り渡した。
また、みだりに、被告人方において、営利の目的で、乾燥大麻約39.533グラムを所持し、かつ、営利の目的なく、乾燥大麻約147.2グラムを所持したものである。

【判決】
懲役9年及び罰金40万円

【量刑の理由】
被告人に有利な事情(大麻取締法違反)
・罪を認めて二度と薬物には手を出さない旨述べるなど反省の態度を示していること
・祖母が被告人の母親らと共に被告人の生活を見守っていきたい旨述べていること
・前科前歴がないこと

大麻取締法違反事件でお困りの方は、懲役刑阻止を多数実現している弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所におまかせください。
大麻関連の事件のみならず、覚せい剤や危険ドラッグといった薬物についての相談も承っております。
薬物犯罪で評判のいい弁護士が在籍しております。
なお、愛知県警中警察署に逮捕されたという場合は、弁護士による初回接見が受けられます(初回接見費用:3万5500円)。