名古屋市の大麻取締法違反事件で逮捕 不起訴の弁護士

2015-08-26

名古屋市の大麻取締法違反事件で逮捕 不起訴の弁護士

名古屋市中区在住30代男性無職Aさんら8人は、愛知県警中警察署により大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。
同署によると、Aさんらは、Aさん宅の部屋で大麻52本を栽培していたそうです。

今回の事件は、平成27年6月30日、ABAニュースをもとに作成しております。
ただし、地名、警察署名は変えてあります。

~判例の紹介~

紹介する判例は、平成20年3月26日、山形地方裁判所で開かれた強盗致傷詐欺大麻取締法違反被告事件です。

【事実の概要(一部抜粋)】
平成19年9月2日、同市ab丁目d番e号VB棟206号室の当時の被告人X方において、大麻約3.27グラムを所持した。

【判決】
被告人X 懲役6年

【量刑の理由】
・同人の実父が出廷し、開業予定のそば屋でXを稼働させる意向を示し、X自身もそれに応じた上で、詐欺の各被害者に対する弁償に向けて努力する旨供述している。
・更生の意欲が窺えること

大麻取締法違反事件でお困りの方は、初回接見サービスを行っている弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
不起訴処分獲得、勾留阻止、保釈獲得といった身柄解放についての弁護活動も行っております。
刑事事件・少年事件でお困りの方は、まずは当事務所までお問い合わせください。
なお、愛知県警中警察署に逮捕された場合には、3万5500円で弁護士を警察署に派遣できます(初回接見サービス)。