名古屋市千種区の痴漢事件で逮捕 複数の余罪に対する弁護活動

2016-12-24

名古屋市千種区の痴漢事件で逮捕 複数の余罪に対する弁護活動

Aは、名古屋市を走る地下鉄線の車内において、V女に対して痴漢行為をはたらいていたところを通行人に目撃され、通報により駆け付けた警察官に逮捕された。
Aは愛知県警察千種警察署勾留され、警察の取調べの中で、他にも複数の女性に対して痴漢行為をはたらいたとする余罪について自白した。
引き続きAは痴漢の余罪によって再逮捕され、連日取調べを受ける中で、Vら複数の被害女性に対して謝罪をしたいと考えるようになった。
しかし、A起訴された後も勾留は続き、自分ではどうしようもできないでいた。
そこで、Aは面会に訪れた自分の父に対して、示談交渉を行ってもらえる弁護士を探してもらえないかと頼んだ。
Aからお願いされたAの両親は、複数の被害者との間で示談交渉をできる弁護士はいないかと、法律事務所を訪れて刑事事件に精通した弁護士に事件を相談することにした。

(フィクションです。)

Aはこのたび、複数の女性に対する痴漢行為で逮捕勾留され、その後に起訴されています。
複数の余罪がある場合には、Aについては執行猶予が付かない実刑判決が下されることが覚悟されます。
もっとも、このような時点においても示談交渉という、被害者からお許しの言葉を得ることは、少しでも量刑を軽くするための弁護活動として有効です。
ここでは、被害者の不安や不満を払拭できるよう、誠心誠意をもって示談交渉をすることが重要となります。
被害者との示談交渉は、法律のプロである弁護士を介して行うことが一般的です。
示談交渉に優れた弁護士に依頼することで、法律的な見地から、安全確実に示談の成功率を上げることができるからです。
ましてや、今回のAのように、被害者が複数いる場合、すべての示談交渉をとりまとめるには難航することも予想されるため、示談交渉の経験が豊富な弁護士に依頼するべきでしょう。

あいち刑事事件総合法律事務所弁護士刑事事件専門であり,複数の被害者の方に対する示談交渉などの弁護活動も多数承っております。
起訴されてしまったけど、示談をしたいとお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
(愛知県警察千種警察署への初回接見費用:35,200円)