名古屋市南区で証拠隠滅で在宅捜査 不要な不利益を回避する弁護活動

2016-12-15

名古屋市南区で証拠隠滅で在宅捜査 不要な不利益を回避する弁護活動

自動車の板金工場を営んでいるAは,ある日友人であるBから,車のバンパー部分を修理してほしいと頼まれた。
快く引き受けたAが持ち込まれたBの車を見たところ,バンパーが不自然にへこんでおり,また血の跡のようなものが着いていたことから,AはBがこの車で人身事故を起こしたのではないかと疑った。
しかし,下手に勘繰ってしまっては悪いと思い,とくにAはBに対して問い質したりせず,また警察にも通報するといったようなことはせずに,車の板金修理をすることとした。
その後,テレビのニュースでBがひき逃げ事故を起こし逮捕されたとの報道を見たが,Aは自ら警察に出頭するようなことはしなかった。
そして,ある日Aの下に愛知県警南警察署の者が訪れ,Bのひき逃げ事故について,Aに対し証拠隠滅の容疑があるので,捜査に応じてほしいと言われた。
Aは,まさか自分が被疑者として扱われるとはつゆほども思わず心配になり,どうにかならないかと刑事事件専門の法律事務所に行き,弁護士に相談をすることとした。

(フィクションです。)

証拠隠滅罪は,他人の刑事事件に関する証拠を隠滅し,偽造し,若しくは変造し,又は偽造若しくは変造の証拠を使用した者に対して成立する罪です。
Aは,Aのひき逃げ事故という「他人の刑事事件」について,車のバンパー部分という事件「に関する証拠」を修理という形で「隠滅」しているので証拠隠滅罪が成立すると考えられ,愛知県警南警察署に捜査をされています。
同罪の法定刑は2年以下の懲役又は20万円以下の罰金です。
Aの場合,Bがひき逃げ事故を起こしただろうと認識しているにもかかわらず,バンパーの修理を請け負っていることが問題になるだろうと思われます。
もっとも,このような場合においても,ただちに起訴され上の法定刑がAに課されるというわけではありません。
Aとしては,弁護士を選任し,自分の行った行為が起訴に値しないことを主張する弁護活動をしてもらうことが考えられます。
その場合,少しでも不利な運びとならないためにも,必ず刑事事件の解決が得意な弁護士であることを確認し,事件を依頼するべきでしょう。

あいち刑事事件総合法律事務所弁護士刑事事件専門であり,不起訴処分獲得のための弁護活動も多数承っております。
友人の刑事事件の証拠を隠滅してしまったかも,とお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
(愛知県警察南警察署への初回接見費用:36,000円)