名古屋市守山区でスピード違反の在宅事件 正式裁判回避の弁護活動

2017-01-22

名古屋市守山区でスピード違反の在宅事件 正式裁判回避の弁護活動

Aは、名古屋市内の一般道を、法定速度を大幅に超過するスピードで自動車を運転していた。
後日、オービスによりスピード違反が発覚したとして、Aは愛知県警察守山警察署まで出頭を求められた。
Aは、逮捕されることはなかったものの、取調べを受け、今後も何度か呼び出すので出頭に応じるようにと言われた。
もし、自分が裁判で裁かれることになったらどうなるのだろう、と心配したAは、刑事事件に強いと評判の法律事務所に行き、道路交通法違反事件に強い弁護士に事件を相談することにした。

(フィクションです。)

スピード違反とは、交通法規で定められた法定速度に違反することで成立する、道路交通法に反する犯罪行為です。
スピード違反のうち、一般道路では時速30キロメートル以上の制限速度超過は、非反則行為として、交通反則告知書(いわゆる青キップ)による反則金制度は適用されません。
代わりに、告知表(いわゆる赤キップ)による罰金または懲役刑という刑事罰が科せられることになります。

スピード違反で刑事罰を受ける場合、一般に初犯の場合であれば罰金処分になることがほとんどです。
しかし、初犯であってもかなりの大幅な制限速度超過については正式裁判による懲役刑が求刑される可能性が生じます。
もちろん、交通違反の前科がありながらスピード違反を繰り返している場合などでは、厳しい処罰を求められる可能性も高いといえます。
Aも、大幅な速度超過をしていますので、厳しい処罰を求められる可能性は否定できません。
このような場合、道路交通法違反の弁護活動経験に長けた弁護士に弁護活動をしてもらうべきでしょう。
違反行為の態様や、経緯や動機、回数や頻度などを慎重に検討し、酌むべき事情を説得的に主張することにより、略式裁判による罰金処分で正式裁判を回避することも目指せます。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり,道路交通法違反の弁護活動も多数承っております。
赤キップでかつ正式裁判されるかも、とお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警察守山警察署への初回接見費用:38,200円)