【お客様の声】名古屋市内の駅での盗撮事件 弁護士の示談交渉による不起訴処分獲得

2017-08-09

【お客様の声】名古屋市内の駅構内での盗撮事件 弁護士の示談交渉による不起訴処分獲得

■事件概要
 依頼者が,名古屋市内の駅構内において,被害女性に対して盗撮行為をはたらいた,迷惑防止条例違反事件。
 本件では依頼者は逮捕されず,在宅事件として捜査されていましたが,厳しい処分も問われかねない事件でした。

■事件経過と弁護活動
 依頼者は,本件盗撮事件が発覚し,付近の警察署に連行されましたが逮捕されることはなく,取調べを受けた後に釈放され,自宅に帰ることを許されました。
 しかし,警察官からは今後も在宅事件として捜査が続けられるので,次回の呼出しには必ず応じるようにと告げられました。
 依頼者は,当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼をされました。
 依頼は,被害女性とそのご家族に対して謝罪と弁償にすることを申し出ました。当初は,担当の弁護士の粘り強い交渉の末,示談を締結することに成功しました。
 また,依頼者作成の謝罪文についても受け取ってもらうことができ,謝罪と反省の意思をお伝えすることもできました。さらに,再犯防止のため,カウンセリングなどの環境づくりにも努めました。
 担当の弁護士は,このような示談交渉の結果と再犯防止のための環境づくりを基に,検察官に対して本件盗撮事件については軽い処分がくだされるよう折衝を重ねました。 
 こうした交渉の結果,本件盗撮事件は不起訴処分で解決することができ,依頼者は前科がつくことなく更生を図ることができるようになりました。