【お客様の声】名古屋市内のショッピングセンターで痴漢事件 示談により不起訴処分獲得の弁護士

2017-06-16

【お客様の声】名古屋市内のショッピングセンターで痴漢事件 示談により不起訴処分獲得の弁護士

■事件概要
 依頼者(50代男性,会社員,同種前歴あり)が,名古屋市内のショッピングセンター施設内で,被害女性に対して痴漢行為をはたらいた愛知県迷惑防止条例違反事件。

■事件経過と弁護活動
 依頼者は,本件痴漢行為が見つかり警察署で取調べを受けましたが当日は帰宅することを許されました。
 しかし,警察官からは,在宅事件として今後も捜査は続けられるので,呼出しには必ず応じるようにと告げられました。
 依頼者は,今後の刑事手続きの流れや取調べ対策,刑事裁判によって前科が付くことを心配され,当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼をされました。
 依頼を受けた弁護士は,まず,今後の刑事事件の手続きに不安を感じている依頼者の不安を少しでも取り除くため,今後の流れや取調べへの対応方法を丁寧に説明・アドバイス致しました。
 また,法律相談による確認の結果,依頼者には,同種の前歴が2件あることが判明したため,起訴される可能性も危惧されました。
 そこで,担当の弁護士は依頼者に対して謝罪文についての指導を行ったうえで,被害女性へ謝罪と弁償による示談交渉を提案させていただきました。
 その被害女性の処罰感情の強さから,示談交渉は難航しましたが,担当の弁護士による粘り強い交渉の結果,示談交渉を取りまとめることに成功しました。
 また,本件痴漢事件については依頼者の奥様にも把握していただき,再犯防止のため,奥様による依頼者の監督を実施してもらうなどの具体的な環境づくりにも努めました。
 担当の弁護士は,被害女性との間の示談交渉の結果と再犯防止のための環境づくりを基に,検察官に対して本件痴漢事件について寛大な処分を求めるべく折衝を重ねました。
 こうした刑事弁護活動の結果,本件痴漢事件は不起訴処分で解決することができ,依頼者は起訴されずに社会で更生を図ることができるようになりました。