【お客様の声】名古屋市ののぞき見盗撮事件で逮捕 弁護士依頼で早期釈放と不起訴処分獲得

2016-05-24

【お客様の声】名古屋市ののぞき見盗撮事件で逮捕 弁護士依頼で早期釈放と不起訴処分獲得

■事件概要

 依頼者(30代男性、会社員、前科なし)が,名古屋市内のレンタルビデオショップ店内で、女性客1名のスカート内をのぞき見る等の行為をし,他の女性客1名のスカート内を携帯電話(スマートフォン)の動画撮影機能を使って盗撮した覗き見及び盗撮による愛知県迷惑防止条例違反事件です。依頼者は,犯行を目撃したショップ店員に腕を掴まれ、通報を受けて駆け付けた警察官に逮捕されました。

■事件経過と弁護活動

 依頼者である兄は逮捕によって警察署の留置場で身柄拘束状態にあり、事件や捜査状況についての情報がほとんどなかったことから、被疑者の弟から初回接見(面会)の要請がありました。当事務所の弁護士がただちに警察署に赴き依頼者である兄本人と接見(面会)をしたところ,被疑者本人は犯行を認めていること、仕事上のストレスと性的欲求の昂ぶりから犯行を行ってしまったこと、他にも盗撮行為を行っており盗撮事件の余罪があることが確認できました。被疑者である兄は、刑事処分によって前科が付くこと、事件内容が職場や家族に伝わってしまうことを心配されて,当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼をされました。
 依頼者は,刑事事件の手続きや処分に不安を感じる一方で,被害者女性への謝罪と反省の気持ちを有しておられました。そのため,依頼を受けた弁護士は,刑事手続きの流れや取調べ対応をアドバイスすることで依頼者の不安を少しでも取り除くよう努めるとともに,被害者女性への謝罪と弁償による示談交渉を提案させていただきました。
 弁護士のアドバイスに基づく取り調べ対応と弁護活動によって、被疑者である兄は逮捕翌日には釈放され、早期の身柄解放を実現させることができました。
 被害者女性への示談交渉では,被害者女性が2名いること,1名の処罰感情が強く、他の1名はまだ特定されてないことから示談交渉が困難な事件でした。担当弁護士は,被害感情の強い被害者女性に対しては,被害者やそのご家族の怒りと不安を払拭できるように粘り強く示談交渉を続けました。そして,謝罪や被害弁償の意向,再犯防止のための措置等を確約することによって,当該被害者から被害届の取り下げと被疑者を許す旨のお言葉をいただくことができました。また、本件覗き見盗撮事件から1か月と経たないうちに,もう1名の被害者も特定することができ,示談交渉を行うことができました。そして,謝罪、被害弁償及び画像漏洩防止などの再発防止策を確約することによって,当該被害者からも被害届の取り下げと被疑者を許す旨のお言葉をいただくことができました。
 弁護士の活動によって,本件のぞき見盗撮事件は、被害者が複数名いたにもかかわらず、示談成立及び被疑者の反省と再発防止策が重視されて起訴猶予による不起訴処分で解決することができました。依頼者は前科がつくことなく無事に事件を終了することができました。事件が職場会社や家族に伝わることもなく、依頼者は会社勤務を続けられています。

101022 101022 (2)