窃盗事件で出頭要請を受けた場合 愛知県警中川警察署の弁護士

2015-09-02

窃盗事件で出頭要請を受けた場合 愛知県警中川警察署の弁護士

Aさんは全く身に覚えのない話で愛知県警中川警察署から出頭要請を受けました。
窃盗事件の被害届が出されており、Aさんが疑われているとのことでした。
警察に出頭したら逮捕されるのではないかと不安に思ったAさんは、無料法律相談を受けることにしました。
(これはフィクションです)

~警察から出頭要請の電話があった~

警察から出頭要請があった場合でも、必ずしも逮捕されるとは限りません。
被害者から事情を聞き、被疑者からも話を聞いたうえで、事件の整合性を確かめたい場合もあるからです。

出頭後逮捕されるのは、次のようなケースです。
・警察がすでに確かな証拠を集め、逮捕状を準備した上で任意同行・出頭を求める場合
・出頭後の取調べで容疑が濃厚になったため、逮捕にいたる場合

警察から出頭要請の電話があった場合、まずは弁護士に相談することをおすすめします。
あいち刑事事件総合法律事務所では、評判のいい弁護士が取調べのことや事件の見通しなどについて分かりやすくご説明します。
またご希望の方には、弁護士による警察署への出頭付添サービスも行っています。

あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件を専門に扱っております。
窃盗事件でお困りの場合でも、刑事事件に精通した弁護士による早期かつ適切な対処が可能です。
(愛知県警中川警察署 初回接見費用:3万5000円)