静岡県浜松市の窃盗事件で逮捕 過大な制裁を避ける弁護活動

2016-12-02

静岡県浜松市の窃盗事件で逮捕 過大な制裁を避ける弁護活動

Aは,金策に窮したことから,留守であったV宅に忍び込んで金銭等を盗んだ。
しかし,V宅から出ようとしたところ,折りしも帰宅したVに見つかり通報され,かけつけた警察官に逮捕されてしまった。
Aを逮捕したことを静岡県警浜松中央警察署から聞かされたAの父親は,何とかして息子であるAの力になってやりたいと,刑事事件に強い弁護士に事件を依頼することにした。
弁護士がAに接見をしたところ,Aは現在求職中であり,Aの今回の事件はまだ報道されてしまえば,再就職は困難となり,Aの更生は難しくなることが予想された。

(フィクションです。)

Aは住居侵入及び窃盗の罪で逮捕されています。
このような事件で逮捕されてしまうと,逮捕といった身柄拘束のリスクの他に,新聞やテレビ等マスメディアによる報道といったリスクも生じてしまいます。
事件が報道された結果,周囲の人たちに知られてしまうと,職場を辞めざるをえなくなったり,引っ越しをする必要が生じてしまったりする可能性があります。
Aについても,名前と事件が報道されてしまうと,再就職が困難になる可能性が生じてしまいます。
こうした社会的制裁は,ときとして,本人が更生しえないほどの過大なものとなります。
Aによる今回の窃盗事件においても,行為態様や被害金額等の事情からして,本当に報道すべき事件か否かをしっかりと見極める必要があるといえます。
護士は,そのために一つの手段として,捜査機関に対して事件の情報を提供しないよう働きかけを行う等の弁護活動をとることが考えられます。

あいち刑事事件総合法律事務所弁護士は刑事事件専門であり,過大な社会的制裁を避けるための弁護活動も多数承っております。
事件の報道についてお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
(静岡県警浜松中央警察署への初回接見費用:46,560円)