傷害致死事件で逮捕 名古屋市の正当防衛に強い弁護士

2016-02-04

傷害致死事件で逮捕 名古屋市の正当防衛に強い弁護士

Aは妻Bと共に、名古屋市中川区の蟹江駅構内を歩いていた。
AとBが階段を下ろうとしたところ、酔った男VがBに掴みかかった。
妊婦のBはよろめき、階段から落ちそうになったが、AがBを支えたため、落下を免れた。
なおも、VがBへの暴行を継続しようとしたため、AはとっさにVの腕を持って、Bから遠ざけようと力いっぱい引っ張った。
バランスを崩したBは階段から落ち、床に頭部を強打し、動かなくなった。
Aは改札付近で、一部始終を見ていた駅員に通報され、愛知県警中川警察署現行犯逮捕された。
後に、Vはくも膜下出血で死亡してしまったため、Aは傷害致死罪で起訴されてしまった。
妻を守るためVを引っ張ったに過ぎないAは、犯罪者扱いされていることに納得できず、無罪を勝ち取るため、刑事裁判に強い弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

~正当防衛は成立するのか?~

上の事案は正当防衛を検討するに値する事案です。
しかし、正当防衛の成否は事案の詳細な内容によって異なります。
上の事案のような場合には、激しく争われることになるでしょう。

上の事案で考えた場合、正当防衛の成立に関して以下のようなポイントがあります。
・VがBへの暴行を継続しようとしていたかどうか
・VのBに対する暴行は軽度であったかどうか

ちなみに上の事案では、Aは傷害致死罪で起訴されていますが、Vが死亡している以上、殺人罪で起訴される可能性もありました。
例えば、AはVが落ちて死ぬかもしれないとわかっていたのに、あえてVの腕を引っ張り階段から落下させたような場合です。
傷害致死罪で起訴されるか殺人罪で起訴されるかでは、量刑の範囲に差が出ます。
刑事裁判で何罪の成立を争うのかという問題は、起訴前の段階から気にしておく必要があります。
弁護士を通じて、検察官の動向を鋭く牽制しておくことも大切です。

あいち刑事事件総合法律事務所では、数々の重大事件を手掛けてまいりました。
絶妙な論理構成を求められる難しい刑事裁判も安心してお任せください。
逮捕された場合には、すぐに弁護士と面会(接見)し、取調べの受け方を身に付けなければなりません。
ですので、あいち刑事事件総合法律事務所では、初回接見の制度をご用意しております。
また、居ても立っても居られないというご家族の方は、弁護士に無料で相談出来る機会をご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。
(愛知県警中川警察署への初回接見費用:3万5000円)