愛知県の道交法違反事件で逮捕 執行猶予付き判決獲得に強い弁護士

2016-08-15

愛知県の道交法違反事件で逮捕 執行猶予付き判決獲得に強い弁護士

Aは,運転免許を受けていないにもかかわらず,常滑市付近道路において,法定の最高速度を30キロ以上超過するスピードで自動車を運転した。
後日,Aは道交法違反無免許運転スピード違反)の容疑で,愛知県警察常滑警察署の警察官に逮捕されてしまった。
Aは過去にも同様の違反を多数しており,罰金刑も受けている前科があった。
逮捕後に釈放されたAは,今回もまた罰金になるだろうと軽い気持ちでいたところ,検事から取調べの際に,「起訴するので弁護士を選任してください」と告げられた。
重々しく告げられたことに,まさか懲役刑を受けてしまうのではないかと心配になったAは,愛知県において刑事事件に強いと評判の法律事務所弁護士に,弁護活動をお願いしてもらえないかと相談することにした。
(フィクションです。)

今回,Aが犯したのは2件の道交法違反です。
1つは無免許運転です。
こちらは道路交通法では,三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金との量刑が定められています。
もう1つは,いわゆるスピード違反です。
こちらは同法では,六月以下の懲役又は十万円以下の罰金との量刑が定められています。

訴追権限を有する検察官は,被疑者の性格や年齢,犯罪の軽重や情状を考慮し,起訴するかしないかを自由に判断することができます。
今回の事件でも,Aが懲役刑を受ける可能性はあります。
検察官が,Aについて,
・交通前科を有している
・全く反省していない
・交通規範意識が欠如している
といった事情を考慮して求刑で懲役刑を選択してくることが考えられるからです。

そうすると,適切な弁護活動を受けない限り,Aは懲役刑を受けて収監されてしまうおそれが生じてしまいます。
このような結末を避けるためには,刑事弁護が専門かつ得意な弁護士に,事件を依頼して効果的な弁護活動を行ってもらうべきでしょう。
あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり,前科がある方の執行猶予付き判決獲得のための弁護活動も多数承っております。
多数の道交法違反歴がある上で,何とか執行猶予付き判決を得たいとお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警察常滑警察署への初回接見費用:3万8400円)