【お客様の声】愛知県の風俗店内で盗撮事件 早期の示談交渉により不起訴処分獲得の弁護士

2017-06-17

【お客様の声】愛知県の風俗店内で盗撮事件 早期の示談交渉により不起訴処分獲得の弁護士

■事件概要
 依頼者(50代男性,会社員)が,愛知県内にある風俗店で自己が被害女性から性的サービスを受けている様子を盗撮したとして,被害女性が同店に通報した盗撮事件。
 依頼者は警察へ通報されることは免れたものの,適切な示談の内容のためには,間に弁護士が入る必要のある事件でした。

■事件経過と弁護活動
 依頼者は,本件盗撮事件が警察に通報されて刑事事件化してしまうことを心配して,当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼をされました。
 依頼を受けた弁護士は依頼者に詳しい事情を聴いたところ,依頼者は同じ店で複数回盗撮行為を行っていたこと,盗撮行為がばれてしまって警察へ通報されない代わりに高額の示談書を交わし,既に示談金の一部を支払っていることなどの事実が確認されました。
 また,依頼者は示談書で取り決めたお金を支払えば,本当に警察への通報を取りやめてもらえるのかということについて心配されていました。
 担当の弁護士は,依頼者はすでに十分は示談金を支払っていること及び刑事事件化を阻止するため法的に拘束力のある示談書を交わす必要があると感じ,被害女性に対して改めて示談交渉を提案致しました。
 そして担当の弁護士による粘り強い交渉の末,残りの示談金を支払うことなく、法的拘束力のある示談書によって示談を取りまとめることに成功し,被害女性から宥恕をいただくことができました。
 このような弁護士の活動により,本件盗撮事件は刑事事件化を阻止することができ,依頼者は日々の不安を払しょくすることができました。