<愛知県で刑事事件>スピード違反で逮捕 不起訴処分に強いと評判の弁護士

2016-10-03

<愛知県で刑事事件>スピード違反で逮捕 不起訴処分に強いと評判の弁護士

Aは、愛知県内の道路を走行中に、スピード違反で愛知県警千種警察署逮捕されました。
Aさんのご家族は、弁護士に相談することにしました。
(この事件はフィクションです)

~スピード違反で逮捕される場合~

スピード違反は基本的には違反点数の加点及び反則金の納付による処理がなされます。
もっとも、一般道路では時速30キロメートル以上、高速道路では時速40キロメートル以上の制限速度超過は、非反則行為として、交通反則告知書(いわゆる青キップ)による反則金制度は適用されず、告知表(いわゆる赤キップ)による罰金または懲役刑という刑事罰が科せられます(前科となります)。
これらの速度を超えると違反点数の加点が6点になり、直ちに免許停止になります。

単なるスピード違反であっても、生活に及ぼす影響は大きいです。
生活への悪影響を最小限に留めるためにも、早い段階で弁護士に相談することが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、交通事故交通違反事件をはじめとする刑事事件専門の法律事務所です。
交通事故交通違反事件に経験の豊富な弁護士が親身にご対応させていただきます。
スピード違反でお困りの方は、ご相談ください。
(愛知県警千種警察署の初回接見費用:3万5200円)