愛知県警熱田警察署の公然わいせつ事件 面会の弁護士

2015-09-26

愛知県警熱田警察署の公然わいせつ事件 面会の弁護士

Aさんは浜辺で全裸なっていたところ、愛知県警熱田警察署の警察官に公然わいせつ逮捕されてしまいました。
Aさんの父は、警察署でAさんと面会しようとしました。
しかし、弁護士以外では、面会できないようです。
(これはフィクションです)

~公然わいせつ事件で家族が面会したい~

逮捕・勾留された場合、被疑者は、家族との連絡も制限されます。
警察署での面会も逮捕直後は出来ないことが多いです。
さらに接見禁止となってしまった場合、それ以降も面会することができません。

しかし、弁護士だけは例外です。
逮捕直後でも、接見禁止になっている場合でも、何の制限もなく被疑者と自由に面会することができます。
本人の意向を聞いたり、家族への伝言を伝えることができます。
警察官らによる厳しい取調べに対してどのように対応すればよいか、的確なアドバイスをすることができます。

弁護士による面会をご希望の場合は、あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをおすすめします。
ご連絡いただいてから24時間以内に接見(面会)に駆けつけることができます。

大切なご家族が公然わいせつ事件逮捕・勾留されてしまったときは、あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
経験豊富な弁護士が、接見(面会)から刑事裁判まで誠心誠意対応いたします。
なお、初回接見サービスは土日休日も24時間体制で受付けています。
(愛知県警熱田警察署 初回接見費用:3万5900円)