愛知県岡崎市で痴漢の在宅事件 早期に事件を終結する弁護活動

2016-11-28

愛知県岡崎市で痴漢の在宅事件 早期に事件を終結する弁護活動

Aは,通勤に岡崎市内を走る鉄道を利用している。
ある日,Aは同電車内で,V女に対し痴漢行為をはたらき,その目撃情報から,下車駅で駅員らに取り押さえられた。
その後,Aは駆け付けた警察官に愛知県警岡崎警察署まで連行され,取調べを受けることとなった。
Aは,自分が犯行を行ったことを素直に認め,反省と謝罪の態度を示したところ,今後は在宅事件として捜査することを告げられた。
その結果,Aは逮捕されることなく帰宅することができたが,被害者との示談交渉や今後も取調べが続くことに不安を覚えた。
そして,Aは愛知県内で痴漢の弁護活動にも強いと評判の刑事事件専門の法律事務所の弁護士に相談をすることにした。

(フィクションです。)

Aは,幸いにも在宅事件として,すなわち逮捕勾留によらずに捜査を受けることとなっているので,身柄拘束という不利益を受けずに済んでいます。
しかし,身柄拘束を回避できたにすぎず,未だ刑事事件は解決されていません。
今後の捜査次第やAの態度次第によっては,Aが逮捕されてしまう可能性も捨てきれません。
そこで,そのようは可能性を排除し,早急に事件を解決するためには,弁護士による効果的な弁護活動が必要となります。
例えば,早急にV女に対して,Aの反省や謝罪の態度をもとに示談交渉をすることによって,不起訴処分を獲得し,事件を終わらせることが想定されます。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士刑事事件専門であり,痴漢事件についての弁護活動も多数承っております。
事件を早期に解決したいとお考えの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警察岡崎警察署への初回接見費用:39,700円)