【お客様の声】岐阜県で盗撮の在宅事件 複数被害者への示談交渉で不起訴処分獲得の弁護士

2016-07-05

【お客様の声】岐阜県で盗撮の在宅事件 複数被害者への示談交渉で不起訴処分獲得の弁護士

■事件概要
 依頼者(30代男性,会社員,前科なし)が,公園内にいた複数の女児を盗撮した岐阜県迷惑防止条例違反事件。被害者が複数いるうえ,ずれも未成年者であるため示談交渉の難航が予想される事件でした。

■事件経過と弁護活動
 依頼者は,盗撮していたところを被害者の親に見られており,通報で駆け付けた警察官に引き渡され,警察署まで同行することになりました。署で事情聴取を受けた後,事件当日は逮捕されずに帰宅を許されましたが,後日再度の呼出しがあることを告げられました。依頼者は,本件盗撮事件が刑事事件として今後処理されてしまい,もしかしたら前科がついてしまうのかと心配され,当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼をされました。
 依頼を受けた弁護士は,まず刑事手続きの流れや今後の取調べ対応をアドバイスすることで,依頼者の不安を少しでも取り除くよう努めました。次に,依頼者が反省と謝罪の態度を示していることから,弁護士は,依頼者に謝罪文の指導を行ったうえで,被害者方への謝罪と弁償による示談交渉を提案させていただきました。
 被害者が未成年であって示談交渉にはご両親が対応なされることや,被害者が複数名おられることから,示談交渉は難航しましたが,担当の弁護士は早急かつ誠実に被害者全員に対して交渉を行いました。そして,謝罪文による依頼者の反省と謝罪の意思をお伝えするとともに,事件現場へは今後近寄らないことや,撮影したデータを破棄して開示・流出させないことを誓約するなど接触可能性や二次被害防止のための対策を講じたことから示談交渉はまとまり,被害者方からお許しの言葉をいただくことができました。
 本件盗撮事件が検察庁へ送られた後は,弁護士は担当の検察官と折衝を重ね,依頼者へは不起訴処分が相当であると訴えました。このような弁護士の活動の結果,本件盗撮事件は,すべての被害者との間で示談が成立していることや依頼者の反省と再犯防止策が重視されて,不起訴処分で終わらせることができました。これによって,民事的紛争も解決したうえで依頼者は前科が付くことなく,無事に事件を終わらせることができました。

102058