岐阜県の刑事事件 違法な取調べに対抗できる評判のいい弁護士

2015-09-23

岐阜県の刑事事件 違法な取調べに対抗できる評判のいい弁護士

岐阜県関ヶ原町の男性Aさんは、岐阜県警大垣警察署傷害罪逮捕されました。
しかし、その後の刑事裁判で岐阜地方裁判所は、被害者Vさんの供述が信用できないとAさんに無罪を言い渡しました。
なお、Aさんは、取調べを担当した警察官から侮辱を受けたり、自白を強要されるなど違法な取調べを受けていたそうです。

平成27年2月23日の産経新聞記事を参考に作成しました。

~嘘偽りの自白とは~

警察署で取調べを受けていると、日常の生活空間から切り離された状態で、長時間続くことが多く早く解放されたいと思うような心理状態になります。
また警察官も自白すれば逮捕や書類送検しないなどと言って自白を誘導することも見受けられます。
耳元で大声を出したり、机を叩くなどの行為もあるようです。

~どのように対応するか~

このような取調べ方法は違法である可能性が高いです。
しかし違法であると証明することは簡単ではありません。
逆に自白をすると重要な証拠として採用されてしまうことがほとんどです。
そのため、違法な取調べが行われた場合は、絶対に嘘偽りの自白をしてはいけません。
取調べ後は、すぐに弁護士を呼んで違法な取調べに対する抗議をお願いしましょう。
ご本人だけでなく、ご家族の方も弁護士に警察署に行くように依頼することができます。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、取調べにどのように対応したらよいかアドバイスを行います。
逮捕されている方に対しても、警察官の取調べ前に接見して、取調べ対応について具体的な指導助言を行うことができます。
傷害罪の容疑で逮捕され、違法な取調べを受けている被疑者やそのご家族の方は、是非ともあいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士に連絡を取って下さい(0120-631-881)。
(岐阜県警大垣警察署の初回接見費用:41000円)