名古屋の刑事事件 暴行事件で逮捕に強い弁護士

2015-12-02

名古屋の刑事事件 暴行事件で逮捕に強い弁護士

Aから暴行を受けたBは、愛知県警中川警察署に被害届を出しました。
暴行事件の被疑者となったAは愛知県警中川警察署の警察官から呼び出しを受けました。
Aは逮捕されるのではないかと不安になり、刑事事件専門の弁護士事務所に相談に行きました。
無料法律相談に応じた弁護士は、これまでに何度も暴行事件の弁護人を務めた経験のある人でした。
(フィクションです)

~暴行事件で逮捕~

刑法第208条 2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料

Aが逮捕されるのではないかと不安になっているのは、一度逮捕されるとしばらくの間、身体を拘束されるからだと思われます。
逮捕された時から72時間以内に、勾留請求がなされなければ、被疑者は釈放されることになります。

しかし、勾留請求が認められると、そこから10日間の勾留、さらに必要であれば、10日間の勾留延長が認められることもあります。
そうすると、最大で逮捕の時から23日の期間にわたって身体を拘束される可能性があります。
会社に勤められている方が、23日間も会社に出社出来ないということになると、場合によっては退職せざるをえないことにもなりかねません。

では、どのような場合に逮捕されるのでしょうか。
逮捕は、①逮捕の理由と②逮捕の必要性が認められるときになされるとされています。
逮捕の理由とは、被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があるときに認められます。
逮捕の必要性とは、被疑者が逃亡するおそれがあるとき、被疑者が罪証を隠滅するおそれがあるときに認められます。

このような逮捕の要件に照らして考えると、逮捕を免れるためには、逮捕の理由と必要性がないことを捜査機関に納得させればよいことになります。
刑事事件に強い弁護士に依頼し、様々な事情を基に、説得的な主張を展開してもらいましょう。

名古屋の暴行事件で逮捕を回避したい方は、逮捕に強いあいち刑事事件総合法律事務所弁護士にご相談ください。
弊社は、刑事事件専門の法律事務所ですので、刑事事件の弁護活動には自信があります。
暴行事件でも初回の法律相談は無料ですので、ぜひ一度ご相談にお越しください。
(愛知県警中川警察署の初回接見費用 3万5000円)