名古屋市の浄水汚染事件で逮捕 無料相談の弁護士

2015-08-01

名古屋市の浄水汚染事件で逮捕 無料相談の弁護士

名古屋市中川区在住40代男性Aさんは、愛知県警中川警察署により浄水汚染の容疑で逮捕されました。
現在、Aさんは、中川警察署において取調べを受けているそうです。
警察関係者によると、Aさんは、容疑を否認しているそうです。

今回の事件は、フィクションです。

~浄水汚染罪とは~

浄水汚染罪は、刑法142条に規定されています。
「人の飲料に供する浄水を汚染し、よって使用することができないようにした者」が処罰されます。
浄水汚染罪の法定刑は、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金です。

~浄水汚染罪の概要~

「人の飲料に供する浄水」とは、不特定又は多数の人の飲用に供せられる飲用に適した水をいいます。
1人の飲用のために汲み置いた水に毒物を混入する行為などは本罪の対象にはありません。
ですが、必ずしも公衆が利用するものである必要はありません。
単に水瓶に汲み置いた飲料水なども本罪の対象になり得ます。
「汚染」とは、物理的・心理的に飲めない程度に不潔な状態にすることをいいます。
例えば、不潔なものを混入したり、かき回して混濁させるなどの行為などです。

浄水汚染事件でお困りの方は、即日対応の初回接見サービスを行っている弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
突然事件に遭われて誰に相談していいかわからない方は、当事務所の初回無料相談をご利用ください。
示談交渉・保釈獲得・前科回避といったことを多数てがけている評判のいい弁護士が在籍しております。
なお、愛知県警中川警察署に逮捕された場合は、初回接見サービスをご利用ください(初回接見費用は、3万5000円です)。