名古屋市中区の刑事事件 強姦の虚偽告訴に強い弁護士

2016-02-25

名古屋市中区の刑事事件で逮捕 強姦の虚偽告訴に強い弁護士

名古屋市天白区で一人暮らしをしているAは金に困り、強姦されたと虚偽告訴をして金を得ようと画策した。
Aは前からAに思いを寄せていたVをたぶらかし、和姦させた後、愛知県警中警察署に駆け込み告訴をした。
Aの告訴に基づきVを逮捕した愛知県警中警察署であるが、どうも事情がおかしいということに気づき、Aを虚偽告訴で取り調べることにした。
被害者を装っていた自分が逆に犯罪の疑いをかけられ焦ったAは、名古屋で刑事事件を専門に扱う評判のいい弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

刑法は、「人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、3月以上10年以下の懲役に処する。」すると定めています(刑法172条)。
今回のAのように金銭目当てで虚偽告訴を行ったとしても、「刑事又は懲戒処分を受けさせる目的」には当たらないため、理屈の上では虚偽告訴罪は成立しないはずです。

しかし、AがVをたぶらかしたのは金のためだということは、Aの心の中にあるのみで、現実には分かりません。
ですから、AがVに処罰を受けさせる目的があったと、警察が判断すれば、虚偽告訴で逮捕されるかもしれません。
なぜなら、逮捕の目的には確定した犯人の逮捕だけではなく、嫌疑がある者を取り調べたり、逃走、証拠の隠滅等の防止することも含まれているからです。

虚偽告訴を行ったのではないかとの嫌疑を受けた場合、まずは不利な自白をとられないということが極めて重要です。
自白調書を取られてしまうと、有罪となる可能性が相当高まります。
とはいっても、初めて警察の取調べに対応する方は、どのようにして警察の追及をかわすのか、皆目見当もつかないと思います。

刑事事件を多数扱い警察対応のプロフェッショナルである弁護士の助言が必要となってきます。
あいち刑事事件総合法律事務所では、虚偽告訴事件の初回法律相談も無料で承っております。
それでも不安がある場合には、警察への同行サービスも行っております。
(愛知県警中警察署への同行サービス費用:3万5500円)