名古屋市瑞穂区で窃盗事件で逮捕 不起訴処分を目指す弁護活動

2017-01-10

名古屋市瑞穂区で窃盗事件で逮捕 不起訴処分を目指す弁護活動

Aは、公園でうたた寝をしていたVを介抱するふりをしながらそのすきを見てVが持っていたカバンを持ち去り、中にあった財布から金品を盗み出した。
その後、カバンを持ち去られたことに気づいたVが警察に通報し、目撃者による情報からAによる犯行であることが判明しており、Aは愛知県警察瑞穂警察署まで某日に話を聞きたいので出頭してくれと言われた。
Aは、出頭すれば自分は間違いなく逮捕されるだろうと心配したので、その前に弁護士に一度相談したいと考えた。

そこで、刑事事件を専門とする法律事務所に赴き、弁護士に今後の刑事弁護活動について相談をすることにした。

(フィクションです。)

Aは、いわゆる介抱泥棒として、屋外等でうたた寝している人のカバンを持ち去り、中にあった財布を盗み出しています。
このような行為は、刑法上の窃盗罪に当たります。
窃盗罪は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金という内容の法定刑が定められています。

Aが出頭を求められ、事情聴取を受けた後に逮捕される可能性は十分に考えられます。
このような身柄拘束が勾留裁判を経て長期化すると、逮捕勾留されているという事実が周囲の人間に知られてしまうといった社会生活上のリスクが高まります。
そのため、このような身柄拘束を避けたり、またされたとしても長期化を防ぐためには、早期に弁護士に相談をして適切なアドバイスを貰うべきでしょう。
また、長期の身柄拘束を避けた後においても、次は起訴されることを防ぐための弁護活動をしなければなりません。
ここでも、専門の弁護士に事案を的確に分析してもらい、被害者との示談交渉や迅速な証拠収集に基づいて主張をしてもらうことにより、不起訴処分の獲得を目指すこととなります。

あいち刑事事件総合法律事務所弁護士刑事事件専門であり,窃盗事件についての弁護活動も多数承っております。
身柄解放不起訴処分獲得を目指す上でお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
(愛知県警察瑞穂警察署への初回接見費用:36,100円)