性犯罪の発生で愛知県警岡崎警察署が逮捕 冤罪の疑いを晴らす弁護士

2016-10-29

性犯罪の発生で愛知県警岡崎警察署が逮捕 冤罪の疑いを晴らす弁護士

Aは、電車内で女性Vの後方に立ち,衣服の上からその腰部付近に自己の股間を押しつけたとして愛知県警岡崎警察署の警察官に逮捕されました。
痴漢摘発の職務に当たっていた警察官2人が,Aが不審な行動をしているとしてマークしていたところ,Aが痴漢行為に及んだとしてAを逮捕しました。
(平成24年10月19日横浜地方裁判所の判例をもとに作成しています。)

Aは夜の満員電車で、すぐ前に立っていた女性Vに体をわざとを密着させ、痴漢行為をしたとして、愛知県警豊川警察署の警察官に逮捕されました。
その後、Aは起訴され有罪判決を受けました。
Aの家族は痴漢事件に強い弁護士に相談し、依頼しました。
そしてAは第二審で、無罪判決を言い渡されました。
(平成24年7月5日東京高等裁判所の判決を元に作成しています。)

冤罪の疑いを晴らすのは、容易ではありません。
上記の判決は、いずれも被告人の無罪を認めた裁判例ですが、そこに至るまでの被告人の苦悩は想像を絶するものがあります。
弁護士でなくても、冤罪を認めてよいという人はいないでしょう。
しかし、実際に性犯罪が起こるとそれが冤罪の可能性もあると考える人は少ないようです。
弁護士は、被告人・被疑者となる人の味方です。
性犯罪に巻き込まれて困ったときでも、希望を捨てず弁護士にご相談ください。

あいち刑事事件総合法律事務所は、断固として性犯罪冤罪事件を許しません。
弊所にお問い合わせいただければ、性犯罪に強い弁護士無料法律相談を承ります。
もし大切な人が逮捕されてしまったというなら、弁護士を警察署に派遣することも可能です。
(愛知県警岡崎警察署の初回接見費用:3万9700円)