静岡県浜松市で軽犯罪法違反の在宅事件 不起訴処分獲得の弁護活動

2016-11-05

静岡県浜松市で軽犯罪法違反の在宅事件 不起訴処分獲得の弁護活動

Aは,酒の勢いもあり,真夜中の路上において,V宅に向かってたんや唾を吐いたり,立ち小便をするなどの行為をした。
Aの一連の行為は,防犯カメラによって録画されており,通報によりAの行為が発覚した。
そして,一度しっかりと話を聞きたいと,Aは静岡県警察浜松中央警察署に呼ばれることとなった。
Aは,いくら酒の勢いがあったとはいえ,やってはいけないことをしたと反省してい。
また同時に,もし自分の行った行為によって,前科が付いてしまったりしないかと心配もした。
そこで,Aは警察署に赴く前に,一度話を聞いてもらえないかと刑事事件専門の弁護士無料法律相談をすることとした。
(フィクションです。)

軽犯罪法は,路上等においてたんつばを吐いたり,排せつをする行為を犯罪成立の対象としています。
ですので,Aは自分の行った行為について,軽犯罪法違反という犯罪が成立する可能性があります。
そして,軽犯罪法は違反した場合について,拘留又は科料という刑罰を定めています。
拘留とは,1日以上30日未満の期間,刑務施設に収監されるという刑罰です。
科料とは,1000円以上1万円未満の金額を徴収される刑罰です。
一見すると,これらの刑罰は軽いようにも思われますが,れっきとした刑罰である以上,受けた場合には前科となります。
何としても前科を付けたくないというのであれば,Aは刑事事件に精通した弁護士を雇い,弁護活動を行ってもらうことにより,不起訴処分と獲得するべきでしょう。
不起訴処分で事件が終われば,前科が付くことはありません。

あいち刑事事件総合法律事務所弁護士刑事事件専門であり,不起訴処分獲得のための弁護活動も多数承っております。
前科を付けたくないとお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
(静岡県警察浜松中央警察署への初回接見費用:46,560円)