静岡県磐田市でセクハラで刑事事件化 被害者への示談交渉の弁護活動

2017-01-19

静岡県磐田市でセクハラで刑事事件化 被害者への示談交渉の弁護活動

Aは、職場で日常的にV女に対して、卑猥な言葉を浴びせるだとか、無理矢理体に触れるなどのセクハラ行為をしていた。
Aはいざとなれば謝れば済むだろうと安易に考えていたが、ある日、V女に対して行ったことにつき話を聞きたいと静岡県警磐田警察署に呼び出されたことで、刑事事件化したことを知った。
Aは、今さらVに対して謝罪しても済むのかどうか、また自分にはどのような犯罪が成立するのか心配になったので、法律事務所に行き、刑事事件を専門とする弁護士に事件を相談することにした。

(フィクションです。)

セクシャルハラスメント、いわゆるセクハラとは「性的な嫌がらせ」、すなわち「相手方の意に反する性的な言動への対応により、仕事を行う上で一定の不利益を与えたり、就業条件を悪化させること」をいうとされます。
具体的には、スリーサイズなど身体的特徴を話題にすることや、性別により差別しようとする意識に基づく発言などが該当します。
これらセクハラ行為は、場合によっては刑事事件化することが考えられます。
このうち、特に今回のAの行為についてみると、

ア 強制わいせつ罪、迷惑防止条例違反
相手方の意思に反して体に触れたりした場合には、触った部位やその行為をした場所等により、強制わいせつ罪や、各都道府県の定める迷惑防止条例に反する可能性があります。

イ 名誉棄損罪
公衆の場で、相手方の性に関する事実を大きな声で話す場合、その発言の内容によっては、名誉棄損罪や侮辱罪に該当する可能性があります。

ウ 傷害罪
相手方に対する執拗な性的嫌がらせにより、相手方が精神障害を負ってしまった場合には、傷害罪が成立する可能性があります。

Aがこれらの行為について、事実を認める場合、まずは謝罪と反省の態度を示し、被害弁償を行うといった示談交渉を行うことが弁護活動として先決されます。
もし、被害届が出されていた場合であっても、示談交渉次第ではその届出が取り消されて、結果として不起訴処分を目指すことも可能となります。
示談交渉の成立については、被害者の処罰感情の大きさで特に左右されますので、弁護活動を依頼されるのであれば早急に弁護士に事件を相談するべきでしょう。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり,各種性犯罪における弁護活動も多数承っております。
被害者との間の示談交渉をお願いしたいとお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(静岡県警察磐田警察署への初回接見費用:43,500円)