【お客様の声】東京行き電車内での盗撮事件 余罪多数にも関わらず低額の罰金刑獲得

2016-06-22

 【お客様の声】東京行き電車内での盗撮事件 余罪多数にも関わらず低額の罰金刑獲得

■事件概要

 依頼者(30代男性,会社員,前科なし)が,東京行きの新幹線内において,被害女性のスカート内を手にしていたスマートフォンのカメラで撮影した盗撮事件。依頼者には本件以外でも他人の敷地内に侵入したうえ風呂場を盗撮したという余罪が多数あったことに加え,本件盗撮事件が発覚した際に,盗撮画像が多数入っていたスマートフォンを壊して証拠隠滅を図ろうとしたことなどから,厳しい罪責が問われかねない事件でした。

■事件経過と弁護活動

 依頼者は,本件盗撮事件が発覚し,下車先である東京の警察署に連行され逮捕されましたが,勾留請求されず翌日に釈放されました。しかし,警察官からは今後も捜査が続けられるので,再度の呼出しには必ず応じるようにと告げられました。依頼者は,妻帯者として家族の生計を立てており,本件盗撮事件の内容が職場に伝わることで懲戒免職処分になることを心配され,当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼をされました。
 依頼を受けた弁護士は,真摯に反省している依頼者に謝罪文についての指導を行い,また被害女性及び本件盗撮事件の対応に追われた鉄道会社への謝罪と弁償による示談交渉を提案させていただきました。
 担当の弁護士は,依頼者に先の指導に基づいて謝罪文を作成していただき,謝罪と反省の意志を被害女性及び鉄道会社にお伝えすることで,示談交渉を粘り強く実施しました。その結果,示談をまとめることに成功し,被害女性及び鉄道会社からはお許しの言葉をいただくことができました。また,本件については,依頼者の奥様にも把握していただき,奥様による監督を実施してもらうとともに,依頼者の方にはカウンセリングを紹介し,自己の性癖と向き合うことで,再犯防止に努めている環境づくりを行いました。
 このような刑事弁護活動の結果,余罪が多数あり証拠隠滅を図ろうとしたにもかかわらず,本件盗撮事件は低額の罰金刑で済ませることができました。これにより依頼者は,奥様の監督のもとで更生を図れるように社会に復帰することができました。

102114