愛知県一宮の痴漢事件 示談交渉に強い弁護士

2014-08-04

愛知県一宮の痴漢事件 示談交渉を行う弁護士

岐阜県岐阜市在住の会社員Aさんは、仕事から家へ帰宅する途中の電車内で女性Vさんの下半身を服の上から触りました。
Vさんに手を捕まれたAさんは、一宮駅で降ろされ、現場に駆け付けた愛知県警一宮警察署に現行犯逮捕されました。
Aさんのご家族が痴漢事件に強い弁護士事務所に無料法律相談に来ました(フィクションです)。

Aさんの痴漢行為は、愛知県の迷惑防止条例違反にあたり、法定刑は6月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

痴漢事件における示談のメリット
◆起訴前に示談をすることによって、起訴猶予の不起訴処分を獲得する可能性が高くなる。
不起訴処分を獲得できれば、前科がつかなくなります。
また、事件を会社等の周りの人に知られずに済む可能性も高まります。
◆逮捕・勾留されても、釈放の可能性が高まります。
示談の結果、早期釈放が実現できれば、早期の職場復帰・社会復帰が可能になります。
◆減刑や執行猶予付き判決を実現できる可能性が高まります。

示談をするには
被害者との示談交渉は弁護士を入れて行うのが一般的です。
加害者側たまたま被害者の連絡先を知っていた場合でも、被害者の加害者に対する恐怖や憎悪から当人同士の示談交渉は難航する場合が多く見受けられます。
特に、痴漢事件の場合は被害感情が厳しいため当事者同士の示談交渉は難しいです。
また、当事者による示談では、法律的に不十分であるため、後日争いが蒸し返されるおそれもあります。
示談交渉に優れた弁護士に依頼することで、法律的な見地から安全確実に示談の成功率を挙げることができるのです。

痴漢事件を起こしてしまった場合は、示談締結の実績豊富な愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。
愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、弁護活動を受任する場合は、基本的に示談だけでなく事件処理全てをお任せいただくのが被疑者・被告人やご依頼者様の最善の利益になると考えています。
しかし、事件化しておらず既に相手方と示談の話がまとまっているなど示談だけ行う事が可能な場合もございますので、一度ご相談下さい。